「誰もが共に暮らすための障害者の権利の擁護等に関する条例」通称、ノーマライゼーション条例は、1年にわたる準備を経て、議員提案ではなく通常議案として、2011年2月定例会に上程され、3月4日可決成立しました。
この条例の制定にあたって、学識経験者などによる「条例検討専門委員会」、市内のほぼすべての障害者団体の代表による「100人委員会」が作られ、1年にわたって活発な議論がおこなわれました。それらの意見集約の上に議案が作られました。

これは「われわれのことを我々抜きで勝手に決めるな!(Nothing about us without us!)」という障害者権利条約の精神に基づいた画期的なものでした。

あれから、8年。条例は市政にどれほど根付いたのでしょうか。

国連・障害者権利委員会では、2014年に批准した障害者権利条約に基づいて日本が2016年に提出した「政府報告」を受けて、障害者権利条約の実施状況についての日本の審査を2020年に実施する見込みとなっています。折しも、障害者団体によって、障害者側からみた政策評価がパラレルレポートとして国連・障害者権利委員会に提出されようとしている時でもあります。
バリアフリー調査を再び始めることにしました。

日進公民館

住宅街の中にある公民館です。ちょっとわかりにくい場所にあります。もともと日進のあたりは行き止まりの路地が大変多いところなので慣れが必要ですね。管轄の消防や警察の苦労が偲ばれます。
公民館そのものは、それなりに古いのですが、利用者も大変多く、近隣のセンター的役割を担っています。バリアフリー調査の観点から言うと、多目的トイレは設置されていますが、縦方向の手すりが設置されていません。トイレに入るのに段差がないのはよいけれど、縦方向の手すりがないと、車いすからの移動が難しい。
早急に改善が必要。非常用のライトも欲しい。

公民館のそばに設置してあった避難場所案内図。道幅が狭く、路地が入り組んでいる地域なので、案内図の設置は非常に有効だと思います。が分かりにくい。
ハザードをアイコン化してあって、例えば、鴨川沿いの宮前中学校は緊急避難場所だけれど、洪水の時は行ってはダメ、がけ崩れの時は大丈夫、という意味のアイコン表示だと思いますが、ちょっとわかりにくいかなぁ。

そもそもなんで漢字にルビがないのだろう。英語表記もよいけれど、小学生やお年寄り、日本語が苦手な人もいるでしょう。そっちが先では?
残念~

カテゴリ内ページ移動 ( 22  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 22