「誰もが共に暮らすための障害者の権利の擁護等に関する条例」通称、ノーマライゼーション条例は、1年にわたる準備を経て、議員提案ではなく通常議案として、2011年2月定例会に上程され、3月4日可決成立しました。
この条例の制定にあたって、学識経験者などによる「条例検討専門委員会」、市内のほぼすべての障害者団体の代表による「100人委員会」が作られ、1年にわたって活発な議論がおこなわれました。それらの意見集約の上に議案が作られました。

これは「われわれのことを我々抜きで勝手に決めるな!(Nothing about us without us!)」という障害者権利条約の精神に基づいた画期的なものでした。

あれから、7年。条例は市政にどれほど根付いたのでしょうか。

国連・障害者権利委員会では、2014年に批准した障害者権利条約に基づいて日本が2016年に提出した「政府報告」を受けて、障害者権利条約の実施状況についての日本の審査を2020年に実施する見込みとなっています。折しも、障害者団体によって、障害者側からみた政策評価がパラレルレポートとして国連・障害者権利委員会に提出されようとしている時でもあります。
バリアフリー調査を再び始めることにしました。

ニューシャトル

今回のバリアフリー調査はニューシャトル。吉野原駅にはまだエレベーターが設置されていません。ベビーカーを使うときなど、とても不便しているという声をいただいたので行ってみました。

 東宮原駅から乗車して、吉野原駅で一旦、下車し、駅員の方にお話をうかがうことができました。

 東宮原駅の改札で訪問の意図を話して、吉野原駅に連絡してもらって、いざホームへ。
改札を入って左へ…エレベーターがあります。ホームに出て、電車が来る。。。あれ? 大宮行きだよ? えー? ここは単線? 新幹線の線路が真ん中を通っているので反対側のホームが見えません。そこへ駅員さんが折り畳みのわたり板を持って、息を切らして追いかけてきてくれました。「ここはのぼり線ホーム。吉野原駅に行くのは反対側のホームです」
ここにいることよくわかったね~。方向音痴な調査隊のトンチンカンな行動が予測できたとは!!! きっと、下り線ホームに行って私たちがいないので、こちら側に飛んできてくれたのですね。お手数おかけしました!!!

そもそも、改札入って左に行ったのが間違い(笑)でした。(ちゃんと、書いてありました。トホホ)右に行った先のエレベーターからホームへ。駅員さんにわたり板を敷いてもらい、介助していただいて乗車できました。

カテゴリ内ページ移動 ( 17  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 17