◆毎日の暮らし
残念ながら現在は障害者は65歳になると介護保険優先という障害者総合支援法に則って、先ずは介護保険制度を利用し、不足する分は障害者制度を利用し、ヘルパーさんに入ってもらっています。
◆交通手段
原則公共交通機関を利用していますが、通勤ラッシュ時や悪天候、アクセスの悪いところへはスロープやリフト付きの介護タクシーを利用しています。東京方面へは土呂駅を使いますが、大宮に出るときはニューシャトルの加茂宮駅を使うか、路線バスに乗ります。駅にはエレベーター、バスはノンステップと10年前に比べかなり利用しやすくなっています。
◆バリアがあってもなくても
ハード的なバリアは交通手段を始めとして少しづつではありますが解消しつつあるようです。しかしながら、教育や就労の世界ではまだまだ障害のあるなしによって分け隔てられていることがあり、こうした壁をひとつづつでも取り除いていくことが使命だと思っています。
◆「共に暮らす社会」を目指して
そしてどんなに歳を重ねてもどんなに重い障害を持っていても暮らし続けていけるような社会を作っていきたいと思っています。
斎藤りえさん応援します

選挙戦以降、所属会派名が「民主改革さいたま市議団」になったり、定例会がはじまったり、ばたばたする日が続いております。
昨日はでんだスタッフが顔を揃えました。
向かった先は「斎藤りえを参議院に送る会結成集会」。
東京・北区の赤羽会館小ホール。
エレベーターで4Fに向かって・・・小ホールのエントランスは。階段を10段ほど登った上。スロープはない。
ええっ! 「バリアフリー」の「バ」の字もない大バリア。
こんなところがまだあるんだ!! スタッフ一同顔を見合わせ「帰ろうか」と。
気をとりなおして、会場に居合わせた人に声をかけ、10人がかりで電動車イスごと持ちあげてもらいました。も~。

『多様性だの、みんなにやさしい社会づくりとか言っていて、借りた所がこれかよ。あの人だの、この人だの、そうそうたる顔ぶれが揃っているのに何の疑問も浮かばなかったのか。結局、自分の視点・視座しか持っていないのか。それで、トータルを見渡した政策とか考えられるのか』口の悪い筆者の頭の中は???だらけ。

斎藤さんは、本当にがんばってきた人だし、希望の星になってもらいたいし、なれる人だと思う。何とか国会議員になってもらいたい。
そのためにも、バリアフリーとは。多様性とは。頭の中で考えるだけじゃなくて、もっと身近なところから感じてほしいな。

カテゴリ内ページ移動 ( 24  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 24