◆毎日の暮らし
残念ながら現在は障害者は65歳になると介護保険優先という障害者総合支援法に則って、先ずは介護保険制度を利用し、不足する分は障害者制度を利用し、ヘルパーさんに入ってもらっています。
◆交通手段
原則公共交通機関を利用していますが、通勤ラッシュ時や悪天候、アクセスの悪いところへはスロープやリフト付きの介護タクシーを利用しています。東京方面へは土呂駅を使いますが、大宮に出るときはニューシャトルの加茂宮駅を使うか、路線バスに乗ります。駅にはエレベーター、バスはノンステップと10年前に比べかなり利用しやすくなっています。
◆バリアがあってもなくても
ハード的なバリアは交通手段を始めとして少しづつではありますが解消しつつあるようです。しかしながら、教育や就労の世界ではまだまだ障害のあるなしによって分け隔てられていることがあり、こうした壁をひとつづつでも取り除いていくことが使命だと思っています。
◆「共に暮らす社会」を目指して
そしてどんなに歳を重ねてもどんなに重い障害を持っていても暮らし続けていけるような社会を作っていきたいと思っています。
議会の外で(10 件)
上のカテゴリへ
共に働く街づくり 新着
共に働く街づくり12月9日、越谷市のNPO法人障害者の職場参加をすすめる会主催の「共に働く街をつくるつどい2018」シンポジウムにパネラーとして参加しました。障害者の自立と政治参加をすすめるネットワークとして、省庁の障害者水増し雇用問題について発言しました。法定雇用率達成のために新たに4000名の障害者を雇用するとして、省庁横断した統一試験の受験者募集が始まっていますが、...
市政報告会
市政報告会11月24日、立憲・国民・無所属の会さいたま市議団の今季最後の市政報告会「基本政策『市民と共に明日を創る』最終報告会」がありました。傳田は市民力・地域についての報告を担当しました。市議団の市民力・地域に関する基本政策は・18歳選挙権実現を見据えた主権者教育の充実(3.7/74.7%・市議団による自己評価。以下同じ)・ノーマライゼーション条例を活かした施策の...
立憲民主党埼玉県連合定期大会 高ヒット
立憲民主党埼玉県連合定期大会9月16日。立憲民主党埼玉県連合定期大会に参加しました。老若男女集ってグループ討議をすすめるという、政党・組織のよくある定期大会とは全く違うものでした。
障害者雇用・省庁水増し問題で抗議 高ヒット
障害者雇用・省庁水増し問題で抗議障害者雇用・省庁水増し問題に関して、障害者の自立と政治参加をすすめるネットワークとして立憲民主党の高木議員、国民民主党の山井議員、社会民主党の福島議員などとともに厚生労働省に抗議・要請を行ない、徹底調査と実効性のある対策を求めました。
市政報告会 高ヒット
市政報告会市政報告会。会派のこの1年間の議会活動の報告と市民の皆さんとの意見交換会。限られた時間ではありましたが様々なご意見をいただきました。
市政報告会 高ヒット
市政報告会4月14日、民進立憲無所属の会さいたま市議団の市政報告会が開催されました。
1 - 6 件目 ( 10 件中)   前 1 2